Entry Navi - Archives

 2011年03月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PVを観る*我要看看

華流ジブリ~瑛莉子~ 

中国でのでも大人気のジブリの歌を、中国語で唄う瑛莉子のCDがありました。
chinese_ghibli_260.jpg

    瑛莉子プロフィールはこちら ↓↓↓

PVを観る*我要看看
スポンサーサイト

★SMAP本人たちによる「世界に一つだけの花」→「世界上唯一的花」 

SMAP初の中国語曲、中国語で歌う姿がなんだか新鮮ですね、興味深いです。


PVを観る*我要看看

★名前決まり!★ 

リーリー(力力)シンシン(真真)
ある意味芸能活動していますね~パンダ!

PVを観る*我要看看

台場の煙り。 

皆さんの無事を祈ります!頑張って下さい!

PVを観る*我要看看

中国の出稼ぎ労働者バンド、社会の悲哀熱唱 

カーテンがはがれた粗末な部屋に、丸刈りに上半身裸の男が2人。1人がギターを激しくかき鳴らし、たばことマイクを手にした別の男が思い入れたっぷりに声をからす――。中国で出稼ぎ労働者(農民工)出身の素人バンド「旭日陽剛」が注目を集め、インターネット上の動画の閲覧回数は100万回を超えた。
「お湯をいつも使える家には住めない」「頼るものが何もない年寄りにしないでくれ」。河南省出身の44歳と中国東北部出身の29歳の2人が歌うのは、成功した男が貧しくも楽しかった過去を振り返る姿を描く「春天里」。数年前にある歌手が発表したが、貧しい農民工の熱唱により社会の格差や悲哀を嘆く歌へと印象を変え、人気が沸騰。14日には本家の歌手のコンサートに招かれ、8万人の観客の前で歌声を披露した。
過酷な生活に身を置く農民工だけでなく、物価高騰などに悩む都市住民の人気も集めた。江蘇省社会科学院の陳頤・社会研究所長は中国メディアに「2人が現実と理想の巨大な落差を歌ったことで、人々の間に公正な社会の実現を求める機運を呼び起こしている」と指摘している。
動画サイトには共感の書き込みが後を絶たない。「同じ下層社会に暮らす2人の歌声に心が震えた」とある農民工。都市住民は「開発を支える農民工が受ける報いはあまりに少ない」と指摘。「我々も働くほどに貧しくなる社会の辛酸を味わっている」と訴える会社員もいた。(北京=尾崎実)

二人は中国の「紅白」まで出て、その後オリジナル作者により、この歌を歌わせるのを禁じている状況になり、いまアルバム制作中の二人にとって、この曲抜きで二人のインパクトが欠けてしまうのは事実ですが、ただいま本家と交渉中だそうです。

   
    ちなみにオリジナルはこちら↓↓

PVを観る*我要看看

★amin中国ライブツアー 

中国ふれあいの場「心連心」コンサートツアー

■3月13日(日) 南京 南京大学 大礼堂      18時開演
 3月15日(火) 重慶 重慶師範大学 公演ホール 19時開演
 3月17日(木) 長春 吉林芸術学院 音楽ホール 19時開演
 3月19日(土) 青島 青島大学音楽堂       14時開演
 3月20日(日) 北京 クンルン飯店        15時開演

■出演:amin<巫慧敏>(Vo、G)、河口恭吾(Vo、G)、城南海(Vo、三味線)、
     関淳二郎(G)、竹内大輔(Kb)

詳しくは http://www.amin-wu.com/page_otherinfo.php

PVを観る*我要看看
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。